一流の技で作り上げる|五月人形やランドセルなどを相手プレゼント

プレゼント

誕生日のイベントとして

赤ちゃん

子どもが満1歳のときにするお祝いとして一升餅があります。最近になって流行してきた行事であり、これを行なうことで子どもは健やかに成長すると言われています。基本的に大きな餅を子どもにわらじを履かせて踏ませたり、風呂敷に包んで背負わせたりすることが、その行事の内容となっています。最近は風呂敷ではなく、衣装持ちを背負うためのリュックなども販売されているため、それを使ってもいいでしょう。踏んだり背負わせたりと違いが現れるのは、地方による風習の違いだとされています。したがって、自分の住んでいる地域の風習に従いたい方は、地域のお年寄りなどに聞いてみることが大切です。もしくは、インターネットで自分の住んでいる地域で一升餅の文化が存在するのかを調べてみるのもいいでしょう。そのような文化がない場合は、やってもやらなくてもいいですが、最近では一升餅を背負った子どもを写真館で撮影する家庭もあります。子どもの1歳の誕生日をお祝いするものなので、記録に残すことも大切です。思い出に残る誕生日にするために一升餅を行なうのもいいかもしれません。その場合は、餅は踏んでも座ってもいいので、自分がさせたいように子どもにやらせるといいでしょう。ただ、餅を踏ませるときは子どもが転ばないように大人が側にいることが大切です。テーブルの上など高い場所でやると転んだときに怪我をするかもしれません。なので、できるだけ床の上に布をしくなどの工夫をして祝ってあげましょう。また、餅を背負わせるときも風呂敷などをきつく絞めては、子どもの首に引っ掛かってしまいます。窒息させないように気を付けることが大切です。また、それを防ぐために専用のリュックを購入するのもいいでしょう。